化学の学習法 

化学の成績は学習量に比例しない!?

 化学の学習には基礎理解と適度な応用問題の学習が必要です。特に受験生の場合、限られた時間の中で化学を仕上げなければなりません。そのためには学習の戦略が重要になってきます。

1.まずは学校の学習をしっかりとすること。

 これは学校の先生だけでなく、塾や予備校の先生も同様な意見をもっている方が多数を占めます。化学学習の戦略を立てるにしても、学校の学習ができない状況で手を広げても自滅します。

2.自分に合った参考書を買いましょう。

 教科書だけでは疑問が生じた時に解決することができません。化学は理解が重要な科目です、暗記項目を減らすためにも自分に合った参考書を一冊揃えましょう。以下にお薦めの参考書を2冊紹介します。

 理解しやすい化学 化学基礎収録版 (理解しやすい 新課程版)  

 初心者から中級者向けの参考書、定期テスト対策から受験まで幅広く使えます。はじめの一冊の参考書として、一押しの本。この本で物足りなくなってきたら、「化学の新研究」に移りましょう。センター対策レベルなら、この本で十分だと思います。

 レベル:初心者~中級者向け

理解しやすい化学 化学基礎収録版 (理解しやすい 新課程版)

 

化学の新研究―理系大学受験

 言わずと知れた理系受験のバイブル的参考書。化学受験を考えているのならばこの参考書を辞書的に使いこなす必要があります。センターで高得点が必要な人、二次試験で化学がいる人は絶対に必要な一冊。

 レベル:中級者~上級者向け

化学の新研究―理系大学受験

3.暗記型学習から理解型学習への転換(最重要

 暗記で化学が突破できるのは中学生までです。理解型の学習に転換しましょう。初級者と化学で2次試験を受ける人にそれぞれお薦めの一冊を紹介します。

センター試験 化学の点数が面白いほどとれる本

 化学が苦手な人向け、定期考査対策からセンター試験対策までカバー。短時間で化学の要点をつかみたい人や、もう一度はじめからやり直したい人に最適。この手の本では一番「初心者」にやさしい本だと思います。

 レベル:初心者向け

センター試験 化学の点数が面白いほどとれる本

 

新理系の化学 (上) (駿台受験シリーズ)

 化学を暗記型から理解型に転換してくれる超お勧めの本です。私の化学講座は本書を読めるレベルまで持ち上げるのが一つの目標になっています。化学受験をするなら必読書だど思います。新理系の化学 (下) もあわせてお勧めです

 レベル:中級者~上級者向け

新理系の化学 (上) (駿台受験シリーズ)

 

4.学校の問題集+少しむずかしめの問題集を選択すること

 理系コースの人は学校の問題集を複数回することをお薦めします。その後に以下の問題集で仕上げましょう。少し難し目の本を選ぶことが化学を伸ばすポイントです。時間がなければ、後者の問題集だけに切り替えてもOKです

2016 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学

 化学受験のスタンダード。一部の医学部などを除けば、国公立大学受験ならこの一冊で十分。学校の問題集の次に選択する標準的な一冊。

 レベル:中級者~上級者向け

2016 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学

 

化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版

2016 実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学の問題数は約200題強です。やり切る時間がない場合や自信がない場合は、問題数が少なく、解説も丁寧なこちらの本もお薦めです。問題数は前者の約半分ですが、しっかりと解説を読んで理解をすれば入試に対応できるしっかりとした力がつきます。

レベル:中級者~上級者向け

化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版

また、ハイレベル大学で化学を得点源にしたい場合は以下の本もお薦めです。

 

化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 五訂版

 「化標」の愛称で昔から有名な本です。医学部や京大などの難関国公立大で化学を得点源にしたい人向け。問題数は少ないが難易度が高い問題が多く、化学が苦手な人は避けたほうがよい。よく考えされられるため実力は短期間でつく。化学好き,かつ化学を極めたい人向け。

 レベル:上級者向け

化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 五訂版

 

 

 

Feature

Z会員大学合格者数 東大1,192人・京大914人(2011年実績)。 ヤル気になった今こそが始めるタイミング!
↓  ↓ ↓ ↓
Z会高校コース

 

有名予備校講師の授業が自宅で受講できる自宅学習システム
「e点ネット塾」